三毛フミブログ「オススメ回想録」

三毛フミのブログへようこそ。 日常のちょっとした感動や感想を日記として記録しています。

iPhone SE(初代)はまだまだ現役

現在も最強と思われる仕事のパートナーiPhoneSE(初代)。
三毛フミも初代SEを使用していますが、どちらかと言えば電話として使用中。
素晴らしい携帯性を誇るiPhoneSEを2021年に買うのはどうなのか?

 

・性能的に今も使えるのか

発売された時期は2016年とかなり古い端末です。
この時代のスマホなのでストレージ容量は(16GB,32GB,64GB,128GB)
この中で32GBと128GBは途中から追加されたバージョンです。

現在も最新のiOSが提供されますが、さすがに16GBと32GBでは厳しい容量です。
ストレージ容量だけは64GB以上のモデルを選択すると良いと思います。

三毛フミの容量は128GBですが、実際の使用量はこんな感じ。

 

iPhoneSE(初代)はまだまだ現役 1

 

仕事用としては32GBでも十分っぽいです。
128GB仕様なので目移りせず現在も使用できています。
(買い替えの動機はだいたいストレージ不足)

 

iPhoneSE(初代)はまだまだ現役 2

 

初代 SEは現在でもスペック的にはゲーム以外の用途は余裕です。
性能の余裕がありますので、コンパクトなスマホが欲しければこれ一択。

 

・タッチ精度と電池寿命が気になる

画面が小さいからもありますが、タッチ精度が気になることも。
思っていた場所がなかなかタップ出来なかったり、
なかなか反応してくれなかったりします。
中古個体なのでハードの劣化している可能性もありますが・・。
最近の大画面スマホ向けにアプリが作られているとつらい場面も。

スクロールとかはいまだに滑らかです。
基本性能が素晴らしすぎます。

 

新品はすでに販売されていないので、選択肢は中古になります。
中古だと電池寿命が気になりますが、
iPhoneSE初代は電池交換してくれるお店がたくさん有ります。
数時間お店に預けておけば交換してもらえますよ。
(三毛フミは6,000円くらいでやってもらいました。)

電池容量も少ないのですが、
コンパクトなモバイルバッテリーでもすぐに満タンになってくれます。

 

・アップデートが終了しても気にしない

そろそろOSのサポートも終わっちゃう可能性があります。
セキュリティの面で心配になりますが、この性能を眠らせるのは惜しい。
ですがアプデを打ち切られる覚悟は必要です。

「覚悟はいいか? オレはできてる。」

三毛フミとしてはios14までサポートしてくれたのだから十二分です。
Appleさんありがとう。

 

一時期から比べると、価格もすこし安くなりました。
良個体を見つけたら早めにゲットしておきましょう。