三毛フミブログ「オススメ回想録」

三毛フミのブログへようこそ。 日常のちょっとした感動や感想を日記として記録しています。

楽天アンリミットの使用感

三毛フミです。

メインで使っていた「OCNモバイル」のSIMを「日本通信SIM」さんのシムにMNP致しました。

今は「日本通信SIM」と「楽天モバイル」の2枚で運用してます。
今までは楽天モバイルの低速モードをデフォルトで運用してきたので、振り返りの意味も含めて再レビューします。

 

auのエリアを併用して使用しているとはいえ、やはり弱いなと思わせられるのは大型店舗の室内です。
高速モードにしていても、電波の掴みが悪いのかブラウザでの読み込みがうまくいかないケースがありました。
今のところはauの電波も利用できているはずなので、そこまで弱くなるもんなのかと思ってはいたのですが…、楽天モバイルは使用できるバンドが少ないみたいなので、電波の特色がモロに現れるのかもしれませんね。

この時はなかなかつながってくれず最終的にはSIMを切り替えて対応しました。
新興勢力なので仕方がないのですが、かつてのソフトバンクを思い出します。

 

通信速度については申し分ない速度で快適に使用することが可能です。
正直ずっと低速1Mbpsで使用しても自分は問題ない速度で、動画視聴やAmazonミュージック等でデータ使用料を気にしなくても良いストレスフリー感は気持ちが良いです。


楽天モバイルはアプリで現在のエリアが楽天エリアかパートナーエリアかを確認できるようになっているのですが、まめに確認してもパートナーエリアばかりで楽天エリアと表示されることは無いに等しいです。
ですが明らかに低速モードでは出ない通信速度を検出するので、結構頻繁に楽天エリアの電波を掴んでいるんじゃないかと思ってます。(楽天エリアであれば低速モードでもリミッターが外されて高速通信になるそうで、超快適になります。)


f:id:mikefumi:20210117182403j:image

低速でもこんな数字が出るのでよくわからない。


f:id:mikefumi:20210117182216j:image
f:id:mikefumi:20210117182154j:image

通信量を確認してみると、楽天回線は使われてなさそう。

速度が早いのに不思議だ。

 

エリアの問題はあるのですが、やはり2,980円で通信と通話が使い放題という楽天モバイルは強力です。
日本通信SIMに変えた今は16GBという余裕のデータ通信量になりましたけど、無制限ではありませんので使用量を気にする必要があります。
この違いは想像していたよりも大きく、日本通信SIMの方はストリーミングサービスを色々使用してみてどうなるかが判明しないと安心できませんね。

現状は楽天に乗り換えても問題ないレベルで使用できると思います。
大手3社も2,980円で価格を引き下げて競争が激化しましたが、使い放題の楽天モバイルにはまだまだ優位なところが残っているので無料期間が終了した後は悩ましいですね、楽しみです。