三毛フミブログ「オススメ回想録」

三毛フミのブログへようこそ。 日常のちょっとした感動や感想を日記として記録しています。

破損したUSBメモリの修復

大事なデータが保存されたUSBメモリーが突然使えなくなった。

Windowsからは破損している可能性を伝えるメッセージが…。

データを失わずに修復できるか挑戦してみた。

 

・まずは基本的なことから

 できることからはじめてみたいと思います。
お約束の「エラーチェック」を試します。

エクスプローラーでUSBドライブを右クリック。
メニューから「プロパティ」を選択。
タブの「ツール」を選択すると「エラーチェック」が選択できます。
選択してから「ドライブのスキャンと修復」をクリックで実行。

 

 

結果は・・・。

 

「ドライブのスキャンが正常に完了し、エラーは検出されませんでした。」
だそうです。
異常発生中なのですが、何事もないそうで。

想定内の反応なので、次にいってみましょう。

 

・修復ツールを使う方法も

困ったときにはGoogle先生がなんとかしてくれます。
いろいろ情報を確認しましたが、基本的に修復ツールを使う方法が多い。

たしかに以前データを消去したとき、
復旧ツールを使用する方法で解決したことはありました。

ただ片っ端からためすのも時間がかかります。
先日HDDの軽量化を実施して、あまり使用していないプログラムを
片っ端から削除したので余計に不要ソフトはインストールはしたくない。
(場合によっては不要なプログラムもインストールする必要があるので。)

なにか標準ツールで解決できないものか・・。

 

・コマンド[chkdsk]を試してみよう

コマンドプロンプト」を使用した修復も紹介されていました。

 

そうです。「コマンドプロンプト」です。

 

存在は知っているが、使用しない人がほとんどでしょう。
三毛フミもGUI世代なのでコマンド入力には抵抗があります。

 

破損したUSBメモリの修復 コマンドプロンプトの場所

プログラムリストの中に隠れている「コマンドプロンプト」。
Windowsシステムツール」の中を確認しよう。

 

破損したUSBメモリの修復 コマンドプロンプト

例の黒画面が立ち上がってくる。
すごくヤバイ事をしている気分になるのは自分だけか・・

 

ここでコマンド「chkdsk」を入力するようだ。

ちなみに「chkdsk」が何をするコマンドなのか調べてみた。

 

CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOSOS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。

(ウィキペディアから引用しました。)

 

これって「エラーチェック」と何が違うんだろうか?
同じような効果だと思うのですが、違うのか。

使い方は・・

破損したUSBメモリの修復 chkdsk

chkdsk x/ f/ F:

一番右の ”F” は、USBメモリのドライブです。

破損したUSBメモリの修復 USBドライブ


エクスプローラーで確認できますが、今回はFドライブでした。
皆様の環境に合わせて書き換えてください。

 

ちなみに他のパラメーターについて説明すると

x/
指定されたドライブのマウントを解除させる。
ドライブとして認識されない状態にします。

 

f/

指定されたドライブのエラーを修復してくれる。
本来はロックする必要があるのだが、外付けストレージなので
今回は関係ない。Cドライブ等の場合は再起動後に実施される。

 

その他にもパラメーターはありますが、あまり使用しないので
今回は書込みません。

 

破損したUSBメモリの修復 修復完了

結果としては、見事にUSBメモリは復活しました。

 

不思議ですね。
ツールのエラーチェックでは復活しなかったのに、
今回のコマンドプロンプトでは修復ができましたから。

アンマウントして実施される事が良い結果になったのかも。

 

・あきらめてフォーマットはちょっと待って

今回はめでたく中のデータを復元する事ができました。もう少しでフォーマットを考えていたのでなおさら感動です。

ここまでの作業はWindowsの標準機機能なので、
だれでもすぐ実戦可能なのがうれしいですね

あきらめるまえにもう少しあがいてみましょう。
三毛フミのトラブル解消メモでした。